これDO台のアップデート、HPA対応について

0
    こんにちは!サポート1号です。
    今回のお題は、先日「後日・・・」と言って逃げたおいたこれDO台、KD25/35HSPROに追加されたHPA情報についてです。
    そもそもHPAって何ぞや?というところから。

    HPAはHost Protected Areaの略称です。(Hidden Protected Areaの略称とも言われてます)

    天気予報とかで中心の気圧は〜って言ってるアレではありません。

    あれはヘクトパスカル
    hectopascalでした...。

    Host Protected Area、直訳するとホストから守られた領域という感じで、
    OS等からは見えない領域になります。
    なのでHidden Protected Area(隠し保護領域)なんて言い方もあるようです。

    この領域を設定すると、HDDの容量を変化させることができます。
    具体的には2TBのHDDを1TBに変える!なんて事ができます。
    そこで、「あれ、なんか前に似たような話を・・・」と思った方、
    素晴らしいです。こんな記事を覚えてくれていただけで1号は涙が止まりません!悲しい
    以前こんな記事を書きました!
    コピーしたのにHDDの容量が増えていない!というお話でした。
    これは、ディスクの管理を開いてみた際に

    「パーティションがコピー元と同じサイズで、後ろに空き領域がありました!」
    という場合でした。

    今回のお題のHPAが設定されている場合ですと、
    「ディスクの管理で見ても、HDDの容量が小さくなってる!」
    という状態になります。

    「なんでそんな判りにくい事をするんだ!」
    と思う人もいるかもしれません。
    例えば、このHPAはシステムのバックアップ領域として使われていたりします。
    空き領域として見えると、「なんだ空き領域あるじゃん。使っちゃえーヽ(゜∀。)ノ」
    なんて感じで使われてしまって「バックアップが取れない(´Д⊂」なんて事が起きたりしますので、
    見えない状態にして、バックアップデータを書いたりするようです。
    ※ThinkPadシリーズのDisk to Disk(DtoD)機能とかで使用しているのがHPAのようです
    また、業務用の機器の修理などで、「導入時は320GBのHDDだったけど、今はそんなHDD売ってないよ!」
    なんて場合、大きいHDDの容量を減らして導入する場合もあるようです。
    今回のバージョンアップで増えたCopy HPA Areaという設定は、このHPA領域のコピーをどうするか?
    という設定になります。
    No, keep HPA(コピー先のHPAサイズを維持します。)
    No, Clear HPA(コピー先のHPA情報を消去します。)
    No, Setting HPA(コピー先のHPAサイズをコピー元と同じにして、コピー元HPAサイズ分コピーします。)
    Copy and Setting(コピー元のHPA情報を含めて全領域をコピーします。)
    アップデートのページに具体例が書いてありますが、ちょっとややこしいです。
    「HPAとかよくわからんが、コピーしたのに容量が小さいなんて困る!」
    という人は「No, Clear HPA」に設定しておけばOKです!
    コピー先のHDDがどうなっていようと、コピー後にはHDDの最大容量が見える状態になります。

    今回はちょっとムズカシー部分の話だったので、説明不足かもしれません。
    判らなかった方ごめんなさい!
    ネタ挟む余裕すらなかったよ!

    それでは皆様良いシルバーウィークを・・・

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.28 Wednesday
      • -
      • 14:17

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック