コピー後のHDDの容量について

0
    こんにちは!昨日昼ごはん食べ終わってお店を出たらどしゃ降りだったサポート1号です。
    お店に入る前は降ってなかったのにー(;´д⊂)「フーパびっくりした!」ですよ!

    今日はお客様からお問い合わせが多い内容のHDDクローン、HDDコピー関連のTIPSをひとつ。

    大きいHDDにコピーしたのに、容量が増えません!?

    という症状の解説と対策です。
    例として、30GBのHDDから60GBのHDDにコピーしたとします。
    空き容量が無くなって厳しかったので倍の容量のHDDにコピーだ!なんて場合ですね。
    「これで空き容量が一気に増えるぞ!ばんざーい!」
    なんて思ったのにコピーしたHDDを動かすと、コピー前と変わらない!なんて状態です。
    これDO台のコピーモードや、裸族のお立ち台クローンでHDDを小→大でコピーするとこういった状態になります。

    なぜかというと、「完全にコピーを行っている=パーティションサイズもそのままコピーしている」
    という事になります。
    さっきの例だと、「30GBのパーティションがあって、その中にこんなデータが・・・」
    という情報をそのままコピーいるので、コピー先も
    「30GBのパーティションがあって、その中にこんなデータが・・・」
    となってしまう訳です。

    という事は容量アップには使えないのか!

    という事になってしまいます。
    実際、Macで使っていたHDDをコピーした場合ですと、どうしようもありません。
    Macの場合、データを残したままパーティションサイズを変更できるツールが無いんです。

    でも、Windows Vista、7、8、8.1(多分10も)ならば、OSだけで容量アップが可能です!
    今回はそのやり方を書いてみます。

    まず、例の通り、30GBのHDDをコピーしたとします。

    今回はEドライブのHDDがコピーしたHDDだと思ってください。
    「30GBのHDDを60GBにコピーしたのにまだ真っ赤だよ!」
    ↑のあたりで言ってた事と同じ状態になりました。
    では、「ディスクの管理」を見てみましょう。
    コンピューターで右クリックして「管理」を選択します。

    「コンピュータの管理」の左側にある「ディスクの管理」で左クリックするとディスクの管理が開きます。
    先ほどのEドライブを探すと・・・ありました!
    コピー元HDDと同じように30GBでパーティションが作られていて・・・右側に余った領域が!

    さあ、Eドライブの容量を大きくしてみましょう。
    ボリューム(E:)と表示されているところで右クリックします。

    「ボリュームの拡張(X)」を左クリックします。


    「次へ(N)」で左クリックで進めます。


    拡張する容量を選択します。
    今回はEドライブを最大まで大きくするので、最大値で進めます
    (最初から表示されている数値のまま)
    「次へ(N)」を左クリックして進めます。


    「完了」を押して終了です。


    さっき半分ぐらい仕切られていたEドライブが一杯になりました!
    マイコンピュータを開いて確認してみましょう。



    増えました!!

    真っ赤だったのが青くなって、空き容量も増えています。やったー!キャーイ!キャーイ!

    この「ボリュームの拡張」は、未定義の空き容量が拡張したいパーティションの後ろに無いといけないなど
    色々な条件があるのですが、1パーティションのHDDをこれDO台などでコピーした場合であれば使用可能です。
    残念ながらWindowsXPの場合はこの機能が無いので、市販のツールに頼ることになります。

    これ以外に、先日KD25/35HSPROのファームウェアで追加になったHPA領域の話もあるんですが、
    それはまた次の機会に解説したいと思います。いや、させてください(ノ∀`)ツカレタ
     

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.23 Monday
      • -
      • 11:00

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック