UASPで動いているか確認する方法

0
    こんにちは、サポート2号です^^

    今日はとても暖かいですね〜おてんきおてんきおてんきおてんきおてんき

    もう桜が咲いてしまいそうないきおいです♪かわいい


    さて今回のネタは、HDDケースがUASPモードで動いているか確認する方法です。



    ご存知の方が多いと思いますが、まずUASPについて。
    USB Attached SCSI Protocolといいまして、いまは懐かしい「SCSI」の通信プロトコルを
    USBで使えるようにして効率よくデータ転送できる仕様のことをいいます。

    要するに速くなるってことですね!(ざっくり



    また、UASPで動かすには、OS、ホスト(USB3.0ポート)、接続機器がUASPに対応している
    必要があります。

    OSはWindows8以降、Macだと10.8以降でサポートされていますので、最近のPCであれば接続機器が
    UASPに対応していれば高速データ転送ができるようになります^^


    では、UASP対応の機器を接続したのはいいけれど、ちゃんとUASPモードで動いているのか
    不安で眠れないって方は↓の方法で簡単に確認できます。



    Windowsの場合

    UASP対応機器を接続した状態で、デバイスマネージャを開く。
    その中にある「記憶域コントローラー」を開き、
    「USB接続SCSI(UAS)マス ストレージ デバイス」と表示されていれば
    UASPモードで動作しています。


    Macの場合(ちょっと見つけにくいです)

    UASP対応機器を接続した状態で、アップル赤りんごメニューから「このMacについて」を選択。
    「詳しい情報」をクリック、その中の「システムレポート」をクリック
    (OS10.10だと詳しい情報を飛ばしてシステムレポートが選択できます)
    ソフトウェア>機能拡張を選択すると機能拡張のリストが出てきます。
    その中に「IOUSBAttachedSCSI」という項目がありますので、読み込み済のところが
    「はい」になっていればUASPモードで動作しています。

    これでぐっすり寝られますね(笑
    UASP対応のHDDケースをお持ちの方、確認してみてはいかがでしょうか??
     

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.18 Wednesday
      • -
      • 13:01

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      ここで買える!

      Century

      Selected Entry

      categories

      links

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM