KD25/35PROとKD25/35HSPROの「スキップ回数」について

0

    こんにちは!サポート1号です。
    もうすぐお盆休みです。1号もお休みを頂いて横浜に行ってきます。
    ついでにスタンプラリーも忘れずに!桜木町駅のスタンプはピカチュウですよ!

     

     

    そして今日はこれDO台のお話を。
    コレDO台にはHDDの不良セクタのスキップを行う機能があります。
    このスキップ機能ですが、旧これDO台PRO(KD25/35PRO)と、
    現行品のこれDO台Hi-Speed PROでちょっと仕様が違います。
    特に旧製品をお使いの方が勘違いされることが多いので解説してみたいと思います。

     


    まず、旧型のこれDO台PRO

    オプション項目
    ・AUTO SKIP
    エラーが発生した場合、エラーのスキップをするかどうかの設定です。
    OFFにしているとエラーが出るたびにスキップするか中断するかの選択が出ます。
    1回でもエラーが出た時点で「不完全なコピー」になってますのでご注意
    ・Retry Count
    エラー発生時にリトライする数の指定です。
    エラー発生→指定回数リトライしてコピーできなかったら、
    警告またはスキップする指定になります。

     


    次が現行品のこれDO台Hi-Speed PRO

    6.Setup項目
    Skip Error
    エラースキップする回数を指定します。
    ここで指定した回数を過ぎるとエラーを表示してコピーが止まります。

     

    おわかりいただけたであろうか・・・

     

    ちょっと乱暴にまとめますと
    KD25/35PROのRetryCountの数を増やすと「時間を犠牲にしてコピーできるか粘る」
    KD25/35HSPROのSkip Errorは「n回数以上エラーが出るならコピーをあきらめる!」
    こんな感じです。

    KD25/35PROの感覚で
    「回数は少なくしておけば早く終わるな」
    と思って設定すると、確かに早く終わるのですが、実はコピーの中断になってしまってます。

     

    ちなみに直販サイトではこれDO台のオプション品やケーブルとかの付属品も販売中です!

    いざというときにあったら便利なアイテムです。ご検討くださいませ。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.17 Friday
      • -
      • 17:34

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      ここで買える!

      Century

      Selected Entry

      categories

      links

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM