どれで〜もBluetooth Ver.2 新旧比較!

0

    こんにちは、昨日のamaz○nのセールはちょっとがっかりだったサポート2号です(笑

     

    さて今回は、先日発売を開始して好評頂いております、

     

    オーディオトランスミッター/レシーバー

    どれで〜もBluetooth Ver.2(CBTTR-AV2)

    旧製品 どれで〜もBluetooth(CBTTR-AV)

    新旧比較をしたいと思います!

     

     

    左が旧製品CBTTR-AV、右が新製品のCBTTR-AV2です。

     

    まずは本体のサイズですが、

    CBTTR-AV:幅35mm x 高さ51.5mm x 厚さ8.6mm

    CBTTR-AV2:幅35mm x 高さ51mm x 厚さ10mm

     

    ほぼ同じですね〜

    CBTTR-AV2の方がスッキリした感じですね^^

    「受」「送」と印刷されていてモードが分かりやすい♪

     

    続いて重さですが、

    CBTTR-AV:約50g

    CBTTR-AV2:約30g

     

    筺体がプラスチックになった分、軽量化されてます♪

    持ち運びも気になりませんね^^

     

    そして内蔵バッテリーと持続時間は・・・

    CBTTR-AV:容量270mAh

    送信モード時:約11時間
    受信モード時:約6時間

     

    CBTTR-AV2:容量250mAh

    送信モード時:約10時間
    受信モード時:約6時間

     

    CBTTR-AV2の方が僅かにバッテリー容量が減っていますが、

    旧型と同程度の持続時間になっています。

     

    ちなみにどちらの製品も充電しながら使えますので、

    TVのUSBポートから充電して、TVの音声を送信するという使い方が

    めちゃくちゃ便利です♪

     

     

    最後に肝心な対応コーデックですが、

    CBTTR-AV:SBC

    CBTTR-AV2:aptX、SBC

     

    aptXはSBCに比べて音の圧縮率が少なく、高音質で遅延も少ないコーデックです。

    ※送受信機器側もaptXに対応している必要があります

     

    旧型のCBTTR-AVはSBCコーデックのせいか、わずかにホワイトノイズが出ていたんですが、

    新型はノイズも少なくなっています^^

    これだけでも買い替える価値があるかもしれません♪

     

     

    そして改善された最大のポイントは・・・・

     

    パッケージが開けやすくなった!!(素

    普通の箱型なんです。

    パッケージの開けやすさって、わりと大事なんですよ(笑

     

     

    ちなみに旧型はいわゆるブリスターパッケージになっておりまして、

    ハサミがないと開けられませんでした・・・(汗

    すぐ使いたいのにハサミが無くて開けられない!!!

    って方もいらっしゃったのではないでしょうか??

    申し訳ございませんでした!m(_______)m

     

     

    オーディオ機器だけじゃなく、イヤホン端子から音声が出ている機器であれば

    その音声を送信できますので、使い方によっては非常に便利なアイテムですね♪


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.06.28 Wednesday
      • -
      • 13:41

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック