HDDケースの温度チェック!(三代目HDD冷やし系検温番)

0

    こんにちは、サポート2号です。

     

    頭上で雷がゴロゴロ鳴っております(汗

     

    皆さまゲリラ豪雨にご注意くださいm(_______)m

     

     

     

    さて今回は、冷却FAN搭載で夏に最適なHDDケースの決定版!?

     

    三代目HDD冷やし系検温番

    (CLS35EU3BLF6G/BKG6G)

     

    の温度チェックをしてみようと思います。

     

     

    ※お約束

    この温度チェックは正確なものではなく、数値の誤差があったりしますので、

    参考程度に読んで頂けると幸いですm(_______)m

     

     

     

    FANのON、OFFの違いで温度がどれくらい変わるのかを比較しますので、

    色違いで2台用意しました。

    個人的にはブルーが好きです^^

     

     

    中に組み込むHDDは、

    東芝のMD04ACA500(5TB)を選択!

    この容量帯のHDDは、ずいぶん安くなりましたね♪

     

     

    ケースにHDDを組み込み、

    温度センサーをHDDに貼りつけます。

    この黄色いものがセンサーでございます。

     

     

     

    早速電源投入!

     

    左側(黒)がFAN OFF

    右側(青)がFAN ON

    になっています。

    電源投入直後はほとんど温度に差はありません。

     

     

     

     

    負荷をかける為、大きなファイル(約50GB)のコピーを延々と繰り返します・・・

     

     

     

     

    約15分経過したところ、

    早くも温度に差が開いてきましたね〜

    FAN OFFが43.6℃

    FAN ONが36.3℃

     

     

    さらにここから1時間動かしっぱなしにして、

    ケースの表面温度も非接触温度計(便利!)でチェックしてみました。

     

     

     

    FAN ONが31.9℃

     

    FAN OFFが37.7℃

     

    手で触ってみても違いは明らかで、

    FAN ONの方がぬるい程度です^^

     

     

    さらに1時間動かしっぱなしにしたところ、

    温度が一定になってきたので、この辺で終了です。

    結果、

    FAN OFFが48.7℃

    FAN ONが37.6℃

     

    その差、約11℃!

     

    思っていたよりも温度差が大きく、FANの効果は絶大!

    と思い知らされた結果となりました。

     

    もちろん、FANを動かしていなくても動作範囲内の温度に

    収まっていますので、ご安心ください^^

     

    HDDはなるべく冷して使いたい!

    って方にはおススメな逸品でございました♪

     

     

     


    どれで〜もBluetooth Ver.2 新旧比較!

    0

      こんにちは、昨日のamaz○nのセールはちょっとがっかりだったサポート2号です(笑

       

      さて今回は、先日発売を開始して好評頂いております、

       

      オーディオトランスミッター/レシーバー

      どれで〜もBluetooth Ver.2(CBTTR-AV2)

      旧製品 どれで〜もBluetooth(CBTTR-AV)

      新旧比較をしたいと思います!

       

       

      左が旧製品CBTTR-AV、右が新製品のCBTTR-AV2です。

       

      まずは本体のサイズですが、

      CBTTR-AV:幅35mm x 高さ51.5mm x 厚さ8.6mm

      CBTTR-AV2:幅35mm x 高さ51mm x 厚さ10mm

       

      ほぼ同じですね〜

      CBTTR-AV2の方がスッキリした感じですね^^

      「受」「送」と印刷されていてモードが分かりやすい♪

       

      続いて重さですが、

      CBTTR-AV:約50g

      CBTTR-AV2:約30g

       

      筺体がプラスチックになった分、軽量化されてます♪

      持ち運びも気になりませんね^^

       

      そして内蔵バッテリーと持続時間は・・・

      CBTTR-AV:容量270mAh

      送信モード時:約11時間
      受信モード時:約6時間

       

      CBTTR-AV2:容量250mAh

      送信モード時:約10時間
      受信モード時:約6時間

       

      CBTTR-AV2の方が僅かにバッテリー容量が減っていますが、

      旧型と同程度の持続時間になっています。

       

      ちなみにどちらの製品も充電しながら使えますので、

      TVのUSBポートから充電して、TVの音声を送信するという使い方が

      めちゃくちゃ便利です♪

       

       

      最後に肝心な対応コーデックですが、

      CBTTR-AV:SBC

      CBTTR-AV2:aptX、SBC

       

      aptXはSBCに比べて音の圧縮率が少なく、高音質で遅延も少ないコーデックです。

      ※送受信機器側もaptXに対応している必要があります

       

      旧型のCBTTR-AVはSBCコーデックのせいか、わずかにホワイトノイズが出ていたんですが、

      新型はノイズも少なくなっています^^

      これだけでも買い替える価値があるかもしれません♪

       

       

      そして改善された最大のポイントは・・・・

       

      パッケージが開けやすくなった!!(素

      普通の箱型なんです。

      パッケージの開けやすさって、わりと大事なんですよ(笑

       

       

      ちなみに旧型はいわゆるブリスターパッケージになっておりまして、

      ハサミがないと開けられませんでした・・・(汗

      すぐ使いたいのにハサミが無くて開けられない!!!

      って方もいらっしゃったのではないでしょうか??

      申し訳ございませんでした!m(_______)m

       

       

      オーディオ機器だけじゃなく、イヤホン端子から音声が出ている機器であれば

      その音声を送信できますので、使い方によっては非常に便利なアイテムですね♪


      | 1/1PAGES |