Terminal-C LightをAndroid端末で使ってみた!

0

    まだ病み上がりというか病みのサポート2号です。

     

    こんにちは^^

     

    今回もやっちゃいけないことをやってみたシリーズです。

     

    Type-C接続ドッキングステーション

    Terminal-C Light (CTCD-UHCLPD60)

    をAndroid端末で使ってみました!

     

    ※Terminal-C Lightは、対応機種が

    Mac USB Type-C(USB-C)ポートを標準搭載したMacBook、MacBook Pro
    Windows Thunderbolt 3/DisplayPort 1.2機能を有する USB Type-Cポートを標準搭載したWindows PC
    ※インターフェイスカード経由の動作および、USB PC(Power Delivery)非対応のPCはサポート対象外となります。

    となっていますので、Android端末は動作保証外となっています。

    それでは早速端末に接続してみましょう。

     

     

    まずはASUS(エイスース あえて読みをいれてみる)のZenpad3 8.0。

    Android7.0です

    SDカード、microSDカード、USBメモリ4個を同時に接続してみました。

     

    見事に全て認識!

    文字コードがおかしくて文字化けしてるものがありますが気にしないでください。

    その他のHDMIポート、LANポート、給電ポートは反応しませんでした。

     

    続いて、LeEcoのLe X620。いわゆる中華スマホってやつです。

    Android6.0

    こちらもSDカード、microSDカード、USBメモリ4個を同時に接続してみました。

     

    全て認識OK!

    文字コードがおかしくて文字化けしてるものがありますが気にしないでください。

    この端末も、HDMIポート、LANポート、給電ポートは反応しませんでした。

    MHL対応のスマホだとHDMI出力できそうな予感もします・・・

     

    続いてZenpadにキーボードとマウスを接続してみました。

    キーボードを接続すると、接続された旨のメッセージが表示されます。

     

    そしてマウスを接続するとポインタが現れます^^

     

    バッチリ操作できました♪

    タッチが効かなくなった時も安心ですね!?

     

    ということで、USBマスストレージデバイスやHIDデバイスはすんなりと認識させることができましたが、

    HDMI、LAN、給電ポートが使えないのは残念でした。。

     

    それではっノシ

     

    【お約束】

    ご理解いただいているかと思いますが、

    全てのType-C搭載のAndroid端末で同じ結果になるとは限りませんのでご了承くださいm(__)m


    裸族のカプセルホテルUSB3.1をバラす!

    0

      病み上がりのサポート2号です。

       

      こんにちは^^

       

      今回は、久しぶりの分解シリーズです。

       

      3.5インチSATA HDDを最大4台搭載可能な外付けケース

      裸族のカプセルホテル USB3.1 (CRCH35U31CIS)

       

      ありがたいことに売れまくってますので、どういう構造になっているか気になる方も多いかと思いますので

      早速バラしてみました!

       

      【お約束】
      ご存知かと思いますが製品の分解・改造は「保証対象外」になります。
      あと、製品によっては、内部に高圧電流とか流れてる場合もあるので
      「感電死の危険もあります!」ので絶対にしないでくださいね!

      すでにガワが外れておりますw

      底面のネジを外せば簡単に内部にアクセスできます。

      HDDのフレーム部分はスチールになっており、剛性が高いです。

      ※良い子は外さないでください

       

      メインのコントローラチップです。

      Asmedia ASM1351を使用しております。

      各スロットに1個ずつ使用していますので、計4個同じチップが基板に載っています。

       

      そのASM1351を4つまとめているハブチップはこちら。

      VLI VL820

      接続イメージとしては、

      HDD--ASM1351--┓

      HDD--ASM1351--┣VLI VL820--USB3.1ポート

      HDD--ASM1351--┃

      HDD--ASM1351--┛

      となっています。

       

       

      ファンは9cm角25mm厚となっています。

       

      ファンのコネクタは3ピン仕様となっています。

      市販のファンへ簡単に交換できそうです。

      ※良い子は交換しないでください

       

       

      時々、HDDをどのように取り出しをしているのかと、

      構造を知りたい方がいらっしゃいますので、取り出し機構の説明をします。

      HDDが入った状態ですが、前面のドアを手前に引きますと、

      写真下部分にある部品が連動して動き・・・

       

      さらに内部のSATAコネクタ付近にある取り出しアームが連動して・・・

       

      HDDを取り出す仕組みになっています。

       

       

      実際にどうやって動くか動画でご覧ください。

      こんな具合です。

       

      いかがでしたでしょうか?

       

      今回のバラし難易度

      ☆(星1個)

      簡単だからといって絶対にばらさないでくださいね!

       

      それではっノシ


      懐かしのベアボーン!?

      0

        横綱引退でデーモン閣下のコメントが気になるサポート2号です。

         

        こんにちは^^

         

         

        倉庫をフラフラしていたら、こんなデッドストックアイテムを発見したのでご紹介します!

         

         

        スリムなベアボーンPC

        Opera Piccolo

        かれこれ17年くらい前に一時期販売していたアイテムです(懐

         

         

        本体はこんな感じです。

        外付け5インチ光学ドライブ(今は絶滅?)のような筐体ですね〜

         

         

        厚みも、3.5HDDを2個重ねるより薄いです!

        前面にIEEE1394端子もありますね!

         

         

        CPUファンも超薄型です。

        これで冷却できていたので、今のCPUでは考えられません…

         

        背面のI/F

        割と普通です(笑

        ただし、USBポートはUSB1.1のようです…

         

         

        マザーボードを見てみましょう。

        Socket370!懐かしすぎます・・・

        メモリはPC133です!(遅

         

         

        チップセットはIntel 815

        ウィキペディアさんで検索すると、PC133 SDRAMをサポートしたチップセットとなっています^^

         

         

        そしてこのベアボーン、起動するのか試してみました!

         

         

        何故か僕の机に転がってたセレロン400…!

        こいつを使います。

         

         

        そして背が低いPC133メモリも発見…!

        256MBです。GBじゃないです。

         

         

        CPUとファン、メモリを取り付け…

         

        電源ON。

         

         

        ・・・

         

         

        ファンは回りましたが、映像が出力されませんでしたorz

        ということで残念ながら起動させることはできませんでしたが、

        この筐体のコンパクトさは当時インパクトがあったのではないでしょうか!?

         

         

        それではっノシ

         


        裸族の4in1ルーム活用方法を考える

        0

          劇場版公開まで1カ月を切りましたね!

          私は特典付き前売り券を合計6枚購入しました。(何の劇場版かは省略)

          不定期出没の力と技のV3です。

           

          今回は営業部の敏腕営業マンN氏からの希望により

          裸族の4in1ルーム(CRPR35E4U3IS)を取り上げてみたいと思います。

          こちらの製品、CRCH35U3IS2と何が違うの?

          見た目同じじゃん!?と思われた方もいるかもしれません。

          裸族の4in1ルームの衝撃の事実はその裏側にあります。

          裏側の図になります。

          それぞれのHDDがeSATAケーブルで接続出来るという衝撃の仕様!

          しかもこの製品

          eSATA→USB3.0変換アダプターが付属していますので、eSATAポートが無いPCにも

          USBで接続出来てしまうのです。

          WindowsとMacそれぞれに外付けHDDを使用したいという場合、フォーマット形式の

          違いにより、外付けHDDを2つ用意しないといけないというジレンマもこの製品が

          解決出来てしまいます。

          1段目のHDDはWindowsに接続して使用、2段目のHDDはMacに接続して使用、そんな

          ことが出来てしまうのです。

          こんな製品誰が予想していたでしょうか?ノストラダムスさんも予想出来なかったんじゃ

          ないでしょうか。

          まさに未来ずらぁな製品ですね!

           

          さてさて、非常に長くなりましたが、ここまでが前置きです・・・

          以前から検証と言いつつ、弊社製品をPS4に接続して遊んでテストしているV3ですが

          この製品もPS4で使えるのか、さっそくテストしてみようと思います。

           

          PS4にはeSATA端子はありませんので、付属のeSATA→USB変換アダプターを使って

          接続してみます!

          ・・・・・・んっ?あれっ?

          PS4のコネクタに変換アダプターが差さらないではないかっ!?

          よくよく考えてみれば、こんだけしっかりとした、有る意味ゴツイ形状の

          変換アダプターがPS4の奥まった位置にあるUSBコネクタに差さるわけないですよね

          やってみるまでわからなかった私もまだまだ未熟・・・未熟Dreamerですね!

           

          何か方法はないだろうか・・・助けてドラ○も〜んと泣いてみても

          ドラ○もんはいるわけもなく、目の前にはサポート2号さんしかいないので、こんなものを

          使ってみようと思います。

          USB3.0延長ケーブルゥ〜〜(大山の○代風)

          eSATA→USB変換アダプタの先に延長ケーブルをつけてPS4へ接続という禁じ手を試してみましょう。

          変換アダプターに延長ケーブルを繋げてっと

          PS4へレッツコンバイン!

          接続できました!!

          果たして結果は・・・・・・

           

          正常に認識出来ました!!

          PS4のスクリーンショット、今回は省略させて頂きますが、拡張デバイスとしても

          動画保存先としても問題無く動作しています。

          と、いうことは・・・

          1段目のHDDはWindows用

          2段目のHDDはMac用

          3段目のHDDはPS4用

          という使い方も検討出来ますね!!

           

          とはいえ、どんな延長ケーブルでも動作するというわけでは当然ありません。

          何メートルもの延長ケーブルですと、ノイズが混じってしまったりする可能性も高くなって

          しまいます。

          延長ケーブルを使用しての動作はサポート保証外とさせて頂きます。

          あくまでも自己責任の範囲でお願い致します。

           

          さて、それでは本日はこのへんで!

          トォッ!!

           

           


          Mac用NVMe SSDをUSBに変換してみた・・・!

          0

            微妙に体調を崩しているサポート2号です。

            皆様もご自愛ください…

             

            こんにちは^^

             

            さて今回は、やっちゃいけないことをやるシリーズ

             

            Mac用NVMe SSDをM.2 NVMe対応USBケースに接続して使えるか

            を実験してみようと思います。

             

             

            用意したのはこちら。

            まずはMac用NVMe(PCIe)SSD

            コネクタが特殊ですので、

             

            Mac専用PCIeSSD to M.2 NVMe 変換アダプタ」を使います。

             

            M.2ケースは好評発売中のCAM2NVU31Cを使います。

            また品薄になってきました…(汗

             

             

            ということで、まずはSSDを変換アダプタに取り付けます。

            所謂「ゲタをかます」ってやつです。

             

             

            続いてM.2ケースに取り付けます・・・

            とおもったら変換アダプタの全長が長く取り付けできないので、

            ケースの基板を取り外します。

             

            こんな具合に(汗

            固定できないので輪ゴムで固定。

            非常に不安定なので、絶対にマネしないでください。

             

            物理的には接続できましたので、実際にパソコンと接続してみます。

             

             

            LEDが点灯しました!

             

             

            点灯しました・・・!

             

             

            しました・・・・・

             

            が!

             

            無反応( ゚д゚ )

            残念ながら認識させることはできませんでした。。。

            いけると思ったんだけどなぁ〜

             

            Mac用SSDとM.2ケースのチップ(JMS583)との相性かもしれませんね…

             

            それではっノシ

             


            これdo台M.2 NVMeでSATA SSDからM.2 NVMe SSDにコピーをして起動ができるのか?

            0

              夏休みの宿題を手伝わされそうなサポート2号です。

               

              こんにちは^^

               

              今回は、先日発売を開始した

              これdo台M.2 NVMe(KD25/35M2NV)

              でOSの入ったSATA SSDからM.2 NVMe SSDへコピーをして起動ができるのか実験してみようと思います!

              起動できるのか気になる方も多いのではないでしょうか!?

               

               

              早速コピー開始。

              今回はCrucial M500 120GBからSamsung 970EVO 250GBへコピーしました。

              SATA SSDにマウンタ(裸族のインナー)付けてますけど気にしないでください。

               

              これdo台M.2 NVMeはM.2 NVMe同士のコピーはもちろん、

              SATA→M.2 NVMe

              M.2 NVMe→SATA

              SATA→SATA

              へのコピーができるスグレモノなのです。

              ちなみにIDE-SATA変換アダプタを使うとIDE HDDも使用可能です^^

               

               

              そんな便利情報を書いていたところでコピーが完了しました。

              120GBのコピーで31分23秒でした。

               

               

               

              早速コピーをした970EVOをマザーへ取り付けて電源ON

              グルグルキタ-

               

               

               

               

              ・・・・・

               

               

               

               

              とおもったらブルースクリーン( ´゚д゚`)

              残念ながら丸ごとコピーをしても起動できませんでした(涙

              というかブルースクリーンはいつになったら見なくなるんだろう…

              やはりインターフェース(SATAとPCIe)の違いで起動ができないのでしょうか・・・!?

               

               

               

              くやしいのでNVMe同士でコピーをして起動できるか試しました。

              まずはWD Black 250GBへWindows10をインストール。

               

               

              そして970EVOへコピー。

              約37分弱でコピー完了!

               

               

              970EVOを取り付けて再び電源ON

              グルグルキタ-(写真は使いまわしです)

               

               

               

              正常に起動できました!

              M.2 NVMe SSDで起動している環境で起動ディスクをバックアップしておきたい場合に超絶便利ですね♪

               

              残念ながらSATA SSDからNVMe SSDへコピーして起動ができませんでしたが、

              環境によって起動できる可能性もあるかもしれませんので、できた方の情報をお待ちしておりますm(__)m

               

              それではっノシ


              夏休みの自由研究!?さあやろう!?

              0

                池袋のゲーセンのUFOキャッチャー系は、日本一取りにくい劇ムズ設定なんじゃないかと思ってる1号です。

                 

                こんにちは!!!

                 

                2号さんが書いていた新感覚!!アメージングなダブル吸着盤ホルダー 「Q-Q」ですが、

                読んでしまった貴方、

                 

                私もいっぱい買って試したいと思いましたよね?

                 

                 

                思わな思いましたよね?

                 

                思いましたよね?

                 

                販売数への影響力が高いと評判妄想炸裂のサポブロですから、間違いありません。

                そんな貴方向けに直販サイトで大量購入用として10個セットの販売ページを作っていただきました!

                 

                え・・・しかもなんか値段安い気が・・・いいのFちゅん?ヤケになってない?

                 

                まさかのアメージングな連動企画になってびっくりした1号です!

                 

                さあ、みなさんも買って遊んでインスタに上げてアメージング体験!してみましょう!

                 

                ごめんなさい結果には責任もてません(゜ーÅ)

                 

                それではーノシ


                夏休みの自由研究!?

                0

                  イ○ンの中のゲーセンのUFOキャッチャー系は、割と取り易いと思ったサポート2号です。

                   

                  こんにちは^^

                   

                   

                  倉庫をブラブラしていたらちょっと珍しいアイテムがありましたのでご紹介します!

                  新感覚!!アメージングなダブル吸着盤ホルダー 「Q-Q」

                  たしかに今までありそうでなかった吸盤ホルダーですな・・・!

                   

                  アイデア次第でいろんな使い方ができますので、

                  コレを使って夏休みの自由研究をします・・・!

                  これだけあれば楽しめそうです(意味深

                   

                   

                  まずはHDDの間に挟んでみた・・・!

                  ほど良い衝撃吸収に。

                  ※くっ付かないのでマネしないでください

                   

                   

                  続いてQ-Qを並べて・・・

                  お立ち台の衝撃吸収ダンパーに。

                  ※逆に不安定になるのでマネしないでください

                   

                  SSDに挟んでみた・・・!

                  SSDのシール面がツルツルだと吸盤がくっ付きました!

                  これは実用性がありそうな気がしないでもない・・・!

                  ※急に外れる可能性もあるのでマネしないほうがいいです

                   

                  アートを作ってみた・・・!

                  吸盤なのでタコっぽい!?

                   

                  ということで僕はサンプル品の検証をしたいと思います(素

                   

                  それではっノシ

                   


                  透明お立ち台の間違った使い方!

                  0

                    無事NEOGEOminiが予約できたサポート2号です。

                     

                    こんにちは^^

                     

                    今回は久しぶりのやっちゃいけない事をやってみたシリーズです。

                     

                    数量限定で販売されている

                    裸族のお立ち台 10th アニバーサリーエディション (CROSU31TP)

                     

                    俗にいう「透明お立ち台」をHDDクレードル以外の使い方で遊んでみようと思います。

                    ※今回も分解しますが、壊れても保証できませんので真似しないでくださいm(____)m

                    コイツです。

                    数量限定につき、そろそろ在庫が無くなりますので、気になる方は

                    早めにゲットしてください!!

                     

                     

                    まずは筐体の透明感を活かして・・・

                    マスコットを入れてみました!

                    いつもセンちゃんと一緒( ´゚д゚`)

                     

                     

                    サポートV3さんが持っていたマスコットも入れてみました

                    ○子ちゃんだそうです( ´゚д゚`)

                    ちょうどよくスペースがありますので、いろんなものを入れてみるとオリジナルの

                    お立ち台の完成ですね♪

                     

                     

                    続いて「オブジェ」にしてみます。

                    どこにでもある壊れたHDDを用意します。

                     

                     

                    カバーを開けます。

                    iPhoneが反射して映るほどピカピカ(*´Д`)

                     

                    透明お立ち台に差し込みます。

                    わりとオブジェとしてイイ感じではないでしょうか!?

                     

                     

                    さらに電源を入れてみました

                    ※壊れたHDDの影響でお立ち台も故障する可能性があるので真似しちゃダメです!

                    ヘッドの動き方がシュールですね!( ´゚д゚`)

                     

                    ということで、まったくタメにならないブログに付きあっていただきありがとうございました!

                     

                    それではっノシ


                    裸族のコンテナハウス(CRCTH25U31C)を分解してみた

                    0

                      台所の蛇口からポタポタと水が垂れてきているサポート2号です。

                      修理しなくちゃ…汗

                       

                      こんにちは^^

                       

                      さて今回は、困った時の分解シリーズw

                      2.5インチUSB3.1 RAID対応HDD/SSDケースの

                      裸族のコンテナハウス(CRCTH25U31C)を分解してみます!

                      ちなみにベンチマーク等のレビューはこちら!

                      【お約束】
                      ご存知かと思いますが製品の分解・改造は「保証対象外」になります。
                      あと、製品によっては、内部に高圧電流とか流れてる場合もあるので
                      「感電死の危険もあります!」ので絶対にしないでくださいね!

                       

                      まずは底面ゴム足の内側にあるネジを外して・・・

                      背面にあるネジも外すと・・・

                       

                      中身が取り出せました。

                      基板も黒い!

                      メイン基板と前面LED基板はフラットケーブルで接続されています。

                       

                      メイン基板を正面から。

                      SATAコネクタの基板がメイン基板にあるスロットに垂直に取り付けられています。

                       

                      さらにバラしてみるとこんな感じです。

                      SATAコネクタの基板に、FANとFANコントロールのスイッチが付いています。

                       

                      FANは5Vの3ピンタイプ。

                      交換する猛者はいるのでしょうか・・・!?

                       

                      メインの制御チップはASMedia社製 ASM1352Rを採用しています。

                      このチップ、以前ご紹介した二世帯住宅リフォームと同じですね^^

                      とある話によると、某玄○○向さんの某2.5 RAIDケースも同じチップを採用しているそうな!?

                       

                      あまりお目にかかれない、TypeCコネクタの拡大写真です

                      こんな感じで実装されています。

                      目を瞑っても挿せるのがたまりません。

                       

                      今回のバラし難易度

                      ☆☆(星2個)

                      組み直す方がちょっと難しかったですw

                       

                       

                      それではっノシ

                       


                      | 1/3PAGES | >>