透明お立ち台の間違った使い方!

0

    無事NEOGEOminiが予約できたサポート2号です。

     

    こんにちは^^

     

    今回は久しぶりのやっちゃいけない事をやってみたシリーズです。

     

    数量限定で販売されている

    裸族のお立ち台 10th アニバーサリーエディション (CROSU31TP)

     

    俗にいう「透明お立ち台」をHDDクレードル以外の使い方で遊んでみようと思います。

    ※今回も分解しますが、壊れても保証できませんので真似しないでくださいm(____)m

    コイツです。

    数量限定につき、そろそろ在庫が無くなりますので、気になる方は

    早めにゲットしてください!!

     

     

    まずは筐体の透明感を活かして・・・

    マスコットを入れてみました!

    いつもセンちゃんと一緒( ´゚д゚`)

     

     

    サポートV3さんが持っていたマスコットも入れてみました

    ○子ちゃんだそうです( ´゚д゚`)

    ちょうどよくスペースがありますので、いろんなものを入れてみるとオリジナルの

    お立ち台の完成ですね♪

     

     

    続いて「オブジェ」にしてみます。

    どこにでもある壊れたHDDを用意します。

     

     

    カバーを開けます。

    iPhoneが反射して映るほどピカピカ(*´Д`)

     

    透明お立ち台に差し込みます。

    わりとオブジェとしてイイ感じではないでしょうか!?

     

     

    さらに電源を入れてみました

    ※壊れたHDDの影響でお立ち台も故障する可能性があるので真似しちゃダメです!

    ヘッドの動き方がシュールですね!( ´゚д゚`)

     

    ということで、まったくタメにならないブログに付きあっていただきありがとうございました!

     

    それではっノシ


    裸族のコンテナハウス(CRCTH25U31C)を分解してみた

    0

      台所の蛇口からポタポタと水が垂れてきているサポート2号です。

      修理しなくちゃ…汗

       

      こんにちは^^

       

      さて今回は、困った時の分解シリーズw

      2.5インチUSB3.1 RAID対応HDD/SSDケースの

      裸族のコンテナハウス(CRCTH25U31C)を分解してみます!

      ちなみにベンチマーク等のレビューはこちら!

      【お約束】
      ご存知かと思いますが製品の分解・改造は「保証対象外」になります。
      あと、製品によっては、内部に高圧電流とか流れてる場合もあるので
      「感電死の危険もあります!」ので絶対にしないでくださいね!

       

      まずは底面ゴム足の内側にあるネジを外して・・・

      背面にあるネジも外すと・・・

       

      中身が取り出せました。

      基板も黒い!

      メイン基板と前面LED基板はフラットケーブルで接続されています。

       

      メイン基板を正面から。

      SATAコネクタの基板がメイン基板にあるスロットに垂直に取り付けられています。

       

      さらにバラしてみるとこんな感じです。

      SATAコネクタの基板に、FANとFANコントロールのスイッチが付いています。

       

      FANは5Vの3ピンタイプ。

      交換する猛者はいるのでしょうか・・・!?

       

      メインの制御チップはASMedia社製 ASM1352Rを採用しています。

      このチップ、以前ご紹介した二世帯住宅リフォームと同じですね^^

      とある話によると、某玄○○向さんの某2.5 RAIDケースも同じチップを採用しているそうな!?

       

      あまりお目にかかれない、TypeCコネクタの拡大写真です

      こんな感じで実装されています。

      目を瞑っても挿せるのがたまりません。

       

      今回のバラし難易度

      ☆☆(星2個)

      組み直す方がちょっと難しかったですw

       

       

      それではっノシ

       


      nasneでHDDケースを入れ替えるとどうなるのか?

      0

        先日の日曜日は子供の運動会で4時起きだったサポート2号です。

        熾烈な場所取りで(´ぅω・`)ネムイ

         

        こんにちは^^

         

         

        さて今回は、またまたソニーネタが続いて恐縮ですが・・・

        nasneに接続した外付けHDDケースを入れ替えるとどうなるか実験してみました!

        お客様からの問い合わせがあったのですよええ

         

        とある話によると、外付けHDDのガワが変わってしまうと登録していたHDDが未登録状態になり、

        使えなくなるらしいのですが、結果はいかに・・・!

         

        テストで使用したのは・・・

        ■自宅のnasne 1TBモデル

        ■HDDケース(今回は1分BOX USB3.0 SATA6G COM35U3B6G(黒)とCOM35U3R6G(赤))

        同じケースなら動くんじゃね?という算段です

        ■転がっていたSeagateのHDD(1TB)わりと転がってます

         

        まずはCOM35U3B6G(黒)をnasneに接続

        他メーカー製品のものが色々ありますが気にしないでください(素

         

        接続したら設定メニューから登録をします。

        COM35U36G COM35U36Gとして登録されました。

         

        その後PC TV Plusを使って外付けHDDへ適当に番組を録画をしたり消したりして・・・

         

        COM35U3B6GからHDDを取り出し、COM35U3R6G(赤)へ組み込み、nasneへ接続。

        再び設定メニューを見てみると・・・

         

         

        同じ状態で認識されて、登録済みになっていました♪

        諸事情により画像を使いまわしておりますw

         

        同じ状態で認識される理屈として、サポート2号の推測になりますが・・・

         

         

        HDDケースの

        ・モデル名

        ・ベンダーID

        ・プロダクトID

        ・シリアル番号

        が同じだとうまくいくように思いました。

        Windowsだとデバイスマネージャで確認できたりします。

         

        ちなみに今回使った1分BOX USB3.0 SATA6Gの片方のシリアル番号を専用ツール(?)で

        書き換えたところ、未登録状態になってしまい使用できなくなりました。

         

        ※ご理解いただいているとは思いますが、この実験は弊社で動作を保証するものではありませんm(__)m

        また、録画したものが見れなくなってしまう可能性もありますので、試さないほうが無難ですm(__)m

         

         

        それではっノシ


        PS4のHDDをコピーしてみる 後篇

        0

          若干深爪のサポート2号です。

           

          こんにちは^^

           

          さて、先日の

          PS4のHDDをコピーしてみる 前篇

          の後篇です。

           

          前回はPS4のHDDをコピー開始までご紹介しましたね。

          500GBから1TBへコピーを始めて・・・

          今回のコピーはお立ち台TWINを使いました。

          待つこと小一時間・・・(500GBで約1.5時間くらい

           

          ランプがどちらも赤くなり無事コピー完了!

          コピーが終わった1TBのHDDをPS4へ組み込んで電源ON!

           

           

           

           

          無事起動して、ストレージ容量を確認したところ・・・

           

           

           

           

           

          無事に・・・

           

           

           

           

          増えていません!!orz

          ちなみにコピーしたHDDをWindowsPCへ繋いだところ、コピー元の容量分でパーティションが区切られ、

          残りが未定義領域となっていました。

           

           

          うーん、PS3の時のように自動で容量が増えてくれればよかったですね。。。(残念

          ということでHDDやSSDを換装する場合は、入れ替えてから改めてシステムを入れるほうがよさそうです。

           

           

           

          ちなみに入れ替えたHDDからゲームを起動したりすることは問題ありませんでした^^

          モンハンとかモンハンとかモンハンとか…

           

          ※ご注意!
          本ブログをお読みになっている方はご理解いただいていると思いますが、
          製品の動作を保証しているものではなく、またPS4が動作しなくなったり、
          故障が起きても弊社は責任を負いかねますm(_______)m
          あくまでも自己責任でお願いいたしますm(_______)m

           

           

          それではっノシ


          PS4のHDDをコピーしてみる 前篇

          0

            無性にコーラが飲みたいサポート2号です。

             

            こんにちは^^

             

             

            さて今回は、前回サポートV3さんがご紹介したPS4ネタをもう少し引っ張りたいと思いますw

             

            PS4のHDDをコピーして容量が増やせるのか!?

             

            薄型PS4 CUH-2100A 500GBモデル

            コイツのHDD(500GB)を1TBのHDDにコピーして容量が増えるのかを検証してみようと思います。

             

            まずはHDDを取り出します。

            薄型PS4は簡単ですね〜

            背面のカバーをスライドさせて・・・

             

            ○△□×のネジを外せば・・・

             

            HDDを引き抜くことができます。簡単すぎ

             

            ちなみに使われていたHDDは東芝製MQ01ABD050 500GBでした。

            このHDDを・・・

             

            同じく転がっていた東芝製MQ01ABD100(1TB)へコピーをしてみます!

             

             

            コピーに使うマシンは

            2台は便利。

            裸族のお立ち台TWIN

             

            コイツでコピーします!

            クールなキャッチコピーのコイツで・・・

             

            コピー開始!

            結果は如何に・・・!

             

            後篇に乞うご期待。

             

            それではっノシ


            裸族の二世帯住宅リフォームを解体!?

            0

              連休明けは本気が出ないサポート2号です。

              来週から本気出す!

               

              こんにちは^^

               

              今回は久しぶりの分解シリーズ!

              裸族の二世帯住宅リフォーム(CRNS35U31CRF)

              をバラして中身をのぞいてみようと思います!

              まずは・・・

              【お約束】
              ご存知かと思いますが製品の分解・改造は「保証対象外」になります。
              あと、製品によっては、内部に高圧電流とか流れてる場合もあるので
              「感電死の危険もあります!」ので絶対にしないでくださいね!

               

              早速筐体カバーが外れました!(早っ

               

              上から見た状態。

              緑色の基板がメインの制御基板、上側は電源です。

              基板と電源は赤・黒2本のケーブルで接続されています。(一部の方には有用な情報!?

               

              HDD取り出しアーム部分の構造です。

              HDDを挿入すると、アームに接触して・・・

               

              奥まで刺さるとこのような状態になります。

              ケース手前にある取り出しレバーと連動して動く仕組みです。

               

              HDDを接続する、SATAコネクタの基板です。

              メイン基板にPCIeスロットのような感じ垂直に接続されています。

               

              背面ファンは内側からネジ留めされています。

              ファンは12V仕様の2ピンタイプです(一部の方には有用な情報!?その2

               

              メインの制御チップ

              ASMedia社製 ASM1352Rを採用しています。

               

              今回のバラし難易度

              (星1個。多いほど難しい)

               

               

              それではっノシ


              裸族のお立ち台QUADを分解する

              0

                病み上がりのサポート2号です。

                 

                こんにちは^^

                 

                さて今回は、取扱説明書の冷却例が一部で波紋を呼んでいる!?

                 

                裸族のお立ち台QUAD(CROS4EU3S6G)をバラしちゃいます!

                 

                【お約束】
                ご存知かと思いますが製品の分解・改造は「保証対象外」になります。
                あと、製品によっては、内部に高圧電流とか流れてる場合もあるので
                「感電死の危険もあります!」ので絶対にしないでくださいね!

                 

                まずは三枚におろします

                どこかで聞いたフレーズ…

                 

                メイン基板と電源スイッチ/LED基板を繋いでいるのはフレキシブルケーブルです。

                引っ張りに弱いので取り扱いに気を付けないといけません。

                 

                メイン基板の表側です。

                SATAコネクタが4つ、USB microBコネクタが実装されています。

                 

                 

                メイン基板の裏側です。

                こちらは制御チップ、eSATAコネクタ、電源コネクタが取り付けられており、

                コイル、アルミ固体コンデンサ等大きな部品も実装されています。

                 

                制御チップは、

                JMicron製

                JMB575(SATA Port Multiplierブリッジ)

                JMS567(SATA-USBブリッジ)

                を採用しています。

                実は裸族のタウンハウスと同じ構成でございます。

                 

                ということでバラし難易度は

                (☆の数が多いほど難しいと勝手に決めました)

                 

                それではっノシ


                USB接続の外付けHDDは起動ディスクの夢を見るか?

                0

                  こんにちは!ブレードランナー2049の公開が楽しみなサポート1号です。

                  PCユーザ的に「オランダ妻は・・・」の方じゃないですよっ!

                   

                  今日はUSB接続の外付けHDDの起動に関してです。

                  センチュリーのHDDケースはよくFAQでこんな風に書いてあります。

                   

                  Q:OSの起動は可能ですか?

                  A:OS起動についてはサポート対象外となります。あらかじめご了承ください。

                   

                  そう、起動に関してはサポート外なんです。

                  最近のマザーボードはBIOSまたはUEFIでUSBデバイスも認識できますので、そこからブートができると思います。

                  簡単なところだと、Windows10のパッケージ版がUSBメモリになっている物がありますよね。

                   

                  『では、外付けHDDも起動に使えるのでは?』

                   

                  というわけで試してみました。

                  使った外付けHDDケースは三代目冷やし系HDD検温番 SATA6G

                  強力冷却で安心な子です。

                   

                  1.Windows10のインストールメディアを作ってみる

                  まずはWindows10のアップグレード等でお世話になった方も多いであろう、

                  windows10 media creation toolさんで試してみます。

                  外付けHDDを接続してソフトを起動してみますと・・・

                  あっさり認識、指定できました。

                  インストール後に再起動して、F11を連打(最近はF11が主流のようですが、違うマザーもあるかもです)して、

                  BootMenuを表示、USBHDDを選択して起動!

                   

                  結果:OSのインストール用のメディアとして起動可能。

                     OSのインストールも可能です!

                   

                  でもこれじゃ、USBメモリの代わりでしかないですね。

                  せっかくのHDDという大容量が無駄になってしまっています。

                   

                  2.Windows10をUSBHDDにインストールしてみる

                  今回の一番の目的です!USBHDDにWindowsをインストールできれば、

                  内蔵HDDが壊れた時のデータ救出OSを作ったりとか夢が膨らみますね!

                  (え、別にいらない?そんな事は言わないでー><;)

                  というわけで、1.で作ったHDDを使って、さらにもう1台HDDを繋げてインストールをしてみます・・・。

                  あ、ダメでした。怒られちゃいました。

                  Windows自体が外付けHDDからの起動を認めていないんですね!知らなかった!

                   

                  結果:Windowsを外付けHDDにインストールする事は不可能!

                   

                  内蔵HDDのみにインストールしてくださいね!

                  ...........。

                  これだけじゃつまらないですよね。ではもうちょっと足掻いてみましょう!

                   

                  3.Windows10をインストール直後のHDDをUSBHDDケースに突っ込んでみる

                  Windows10が正常に起動する状態の内蔵HDDを取り外し、外付けHDDケースに接続してみました。

                  接続先がちょっと変わっただけだし、今回は起動する筈です・・・!

                   

                  「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。自動的に再起動します。」

                  「停止コード INACCESSIBLE BOOT DEVICE」

                   

                  ダメなのかああああああっ!

                   

                  結果:内蔵HDDをそのまま外付けHDDケースにいれても起動しない

                   

                  という結果になりました。

                  ...........。

                  ええ、わかってます。さらに足掻いてみましょう!

                   

                  Windows10はWindowsXP等と違って、「起動時にF8キーを連打してセーフモードに入る」ということができません。

                  ただし、起動に3回失敗すると自動修復モードに切り替わります!

                  あんまりお勧めしませんが、エラーが出るのを待たずにWindowsのマークが見えたら即ハードウェアリセットしても切り替わります。

                  ならばやってみましょう。

                  ここで詳細オプションを選択します。

                  トラブルシューティングを選択して

                  詳細オプションを選んで・・・

                  色々と試せます・・・。

                  (スタートアップ設定でセーフモードも起動できますよ)

                  で、スタートアップ修復やら、DISKPARTで署名しなおしてみたりとか色々やってみたんですが

                  さっぱり直りません!もう面倒くさくなった!

                  ということで、

                  さっきの「このPCを初期化状態に戻す」を選んで・・・・

                   

                  完全に初期化してまっさらの状態にしてしまう!

                   

                  しかも結構時間がかかります。ですが・・・!

                   

                  起動できちゃいました!

                   

                  USB3.0接続ですが内蔵のときよりちょっと遅い感じです。が、動作してます!

                  (USB接続でライトキャッシュが無効になっているから遅い?)

                  もちろん、通常のOSのインストールで警告が出ていた以上、正しい使い方とは言えませんし、

                  このあとアプリをインストールしたり、継続使用すると何か問題が出るかもしれません。

                  まぁ、あくまで、「無理したら動いちゃうかも!?」というぐらいの認識にしておいてくださいませ。

                   

                  結論:Windows10でUSBからの起動はやめておきましょう

                   

                  というわけでまた次の機会に!ハイホー!

                   

                   

                   


                  TYPE-CドッキングステーションをAndroidで使ってみる!その2

                  0

                    今日は涼しくて暖かいお弁当を食べたサポート2号です。

                     

                    こんにちは^^

                     

                    さて本日の実験は、以前テストをしてみたこちらの続編です…

                     

                    Type-Cドッキングステーション Terminal-C ver2がAndroid端末で使えるか試してみようと思います。

                    以前のテストで使ったTerminal-CはUSBデバイス、カードリーダーしか使えませんでしたが、

                    今回の結果は如何に!?

                     

                    ちなみにTerminal-C ver2は以下のポートを搭載しております。

                    ・USBポート

                    ・カードリーダー

                    ・HDMI出力

                    ・LAN

                    LAN接続できると便利そうですよね^^

                    こいつに接続する端末はZenpad3 8.0(Android7.0)

                    Android7.0にアップデートすると神機になるそうです(笑

                     

                     

                     

                     

                    早速接続!

                     

                     

                     

                     

                    してみましたが・・・・

                     

                     

                     

                     

                     

                    無反応orz

                    LAN、HDMIは反応しないと予想していましたが、

                    なんと今回はUSBメモリ、カードリーダーも反応してくれず、残念な結果になってしまいました(涙

                     

                    これにめげず、Androidで動きそうなアイテムを実験してみようと思います!

                     

                    それではっノシ


                    TYPE-CドッキングステーションをAndroidで使ってみる!

                    0

                      シャワーの切換え弁の交換方法を検索しているサポート2号です。

                      たまに水漏れするんですよねぇ〜

                       

                      こんにちは^^

                       

                      さて今回は実験シリーズ。

                      TYPE-CドッキングステーションをType-Cポートを搭載したAndroid端末で使えるか試してみようと思います。

                       

                      用意したブツはこちら。

                      PCのType-Cポートから、USB3.0ポート、カードリーダー、HDMI出力に変換できる

                      アダプタでございます。

                       

                      公式の対応機種では…

                      Mac:USB Type-C (USB-C) ポートを標準搭載したMacBook (2015 / 2016) 、MacBook(2016)
                      Windows:Thunderbolt3 / DisplayPort1.2機能を有したUSB Type-Cポートを標準搭載したWindows PC
                       

                      となっていますので、基本的にThunderbolt3対応のPCでないと使えません。

                      Androidはもちろん対応外ですが、結果は如何に・・・!

                       

                      生贄になるAndroid端末は久々の登場 ASUS Zenpad3 8.0  Android 6.0.1

                      ほぼ、ぷ○ぷ○ク○スト専用機になってますがなにか?

                      何気にType-Cポートになっていて時代を先取ってます。

                       

                      まずはドッキングステーションを刺してみると…

                      青ランプが点灯したので、通電は問題ないようです。

                       

                      続いてUSBメモリ、USBカードリーダー、さらにSDカードを刺してみます。

                      べ、別にTranscendのまわし者ではございません。

                       

                      通知バーの所にデバイスが出てきました!

                       

                      外部ストレージとして認識されてますね!

                      ここまでは割とうまくいって拍子抜け…

                       

                       

                       

                      続いてHDMI出力をしてみます。

                      弊社サブモニター、Plusoneに接続してみましたが・・・

                      はい無反応orz

                      やはりThunderbolt3対応のPCでないと出力はできないという結果に。

                      映ったら面白かったんですけどねぇ(残念

                       

                      Andoridの映像出力はMiracastを使え!ってことで、素直にそうします。

                       

                       

                      【お約束】

                      ご理解いただいているかと思いますが、

                      全てのType-C搭載のAndroid端末で同じ結果になるとは限りませんのでご了承くださいm(__)m

                       

                      それではっ

                       


                      | 1/3PAGES | >>