【新製品レビュー】シンプルモバイル M.2 NVMe (CM2NVU31C)

0

    今週はバリウムを飲む予定のサポート2号です。

    ヤダなぁ・・・

     

    こんにちは^^

     

    さて今回は、先日発売を開始しました、

    M.2 NVMe SSD対応ケース

    シンプルモバイル M.2 NVMe (CM2NVU31C)

    をレビューしたいと思います!

     

    パッケージは青基調!

    まず、この製品で何ができるかといいますと、

    先日ご紹介しました、こちらの製品と同様、

    NVMe形式のM.2 SSDをUSBに変換してPCのUSBポートへ接続できる、というシロモノでございます。

     

    【NVMeとは??】

    PCI Expressを通じてSSD等のストレージを接続するためのインターフェースの規格で、

    HDDやSSDで主流となっているSATAに代わるものとして期待されています。

     

    今まではSATAからUSBに変換する製品は色々とあったのですが、NVMeからUSBに変換する製品は、

    昨年6月頃までは変換チップが存在せず、ありませんでした。

    弊社でも昨年9月から第一弾のNVMe SSD対応ケースを販売しています。

     

    ちなみに対応しているNVMe SSDの形状はM-Keyと呼ばれる、切り欠きが右側にあるタイプです。

    ※M-Keyで「AHCI」タイプのSSDが存在しますが、AHCIタイプのSSDは非対応です。

    詳しくはサポートセンターまでお問い合わせください。

     

    非対応のSSDはB-key、B&M-Keyと呼ばれている、切り欠きが左側、もしくは両側にあるタイプです。

    SATAタイプのSSDがこちらに該当します。

    SATAタイプのSSDが使えるケースはこちらです。

     

    まずは製品本体です。

    右上に穴が開いており、ランプ(青)が点灯/点滅するようになっています。

    シンプルモバイルという名前のとおり、外観はかなりシンプルでスリム設計となっています。

    寸法:幅110.5mm × 高さ14mm × 奥行50mm

    重量:約95g

    SSDを組み込んでも約100g程しかありません。

     

    ちなみに先日ご紹介しました、防塵耐水モデルのNVMe M.2 SSD対応ケースの寸法は…

    寸法:幅116mm × 高さ12.5mm × 奥行65mm(シリコンバンパー含まず)

    重量:約155g

    アルミ削り出しでズシリときます。これはこれで重厚感がありますね〜

     

    付属品です。

    ■取扱説明書

    ■USBケーブル(TypeA-TypeC、長さ約50cm)

    ■SSD固定ネジ、受けネジ

    ■ドライバー

     

    ドライバーは作業しやすい大きいものが付属しています^^

    USB TypeA-TypeC変換アダプタは付属しませんので、TypeCポートしかないPCで使い場合は、

    別途ご用意いただく必要がありますm(__)m

     

    本体裏面です。

    シリアルナンバーのシール、センチュリーロゴ、製品型番が印字されています。

     

    USBコネクタ面です。

    シンプルなので、USBコネクタしかありません。

    左右のネジを外すと、基板を取り出すことができます。

    こんな具合で簡単に取り出せます。

     

    メイン基板の表面です。

    一般的な長さ(80mm)のNVMe M.2 SSDであれば、受けネジは基板に取り付けられていますので、

    ネジで固定すればあっという間に取り付けが完了します。

    その他のサイズ(42mm、60mm)の場合は、付属の受けネジを基板の穴に取り付けてSSDを固定します。

     

    裏面です。

    こちらにはメインの制御チップが実装されています。

     

    メインチップを拡大します。

    Asmedia ASM2362を採用しています。

    JMicron JMS583を採用している製品が弊社問わず多いですが、ココの注目ポイントですね♪

    ちなみにSMARTが読めますので、CrystalDiskInfo等でSSDの状態を確認することができます。

     

    実際にSSDを取り付けるとこんな具合になります。

    あとは逆の手順で取り付ければ組み込み完成です。

     

    ちなみにケース内部には放熱を考慮して放熱シートが貼付られています。

    青いヤツです。

    この放熱シートにSSDが触れて熱を逃がしてくれます。

    縁の下の力持ちです。

     

     

    そして最後は恒例のベンチマーク

    SSD:Samsung970EVO 250GB

    マザー:GIGABYTE GA-Z170X-UD5 TH

     

    ASM2362チップも非常に高速で、JMS583とひけをとらない速度が出ております^^

    快適ですね♪

     

    ・手軽に且つ高速にデータコピーをして持ち運びたい

    ・かさばるのはイヤ!

    ・PCのSSDを入れ替えて、SSDが余ったので再利用したい

    ・新しい変換チップを試さずにはいられない!

    という方におススメのアイテムとなっております。

     

    センチュリーダイレクトでも好評発売中!

    ちなみに初回生産分がそろそろ無くなりそうなので、気になる方はお早めに!

     

    それではっノシ


    北のお菓子!?と新製品情報11.6インチHDMIマルチモニター「LCD-11600FHD2」

    0

      OK Googleと言ってもたまに無視されるサポート2号です。

       

      こんにちは^^

       

      今日のおやつは、北のお菓子をいただきましたのでご紹介します^^

      北と言ってもあの「北」ではありません(意味深)

      ノースマン!

      北海道のお土産です^^

       

      あんこをパイで包んだお菓子で、甘さ控えめで美味しかったです!

      Sさんごちそうさまでした!

       

       

       

      そして新製品ラッシュが続きます・・・

       

      フルHDに対応した11.6インチHDMIマルチモニター plus one Full HDが装い新たに登場!

      LCD-11600FHD2

      以前販売しておりましたplus one Full HD(LCD-11600FHD)の後継モデルです。

       

      2月下旬より出荷開始予定となっています!

       

      また後日レビューしますよ!

       

      こちらで絶賛予約受付中ですよ!

       

      それではっノシ


      M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル (CAM2NVU31CBP)レビュー

      0

        iPhone6sのバッテリがヘタッてきたサポート2号です。

         

        こんにちは^^

         

        さて今回は、新製品

        M.2 NVMe SSD対応ケース

        M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル (CAM2NVU31CBP)

        のレビューをします!

         

        パッケージはこんな具合でございます。

        まず、この製品で何ができるかといいますと、

        NVMe形式のM.2 SSDをUSBに変換してPCのUSBポートへ接続できる、というシロモノでございます。

         

        【NVMeとは??】

        PCI Expressを通じてSSD等のストレージを接続するためのインターフェースの規格で、

        HDDやSSDで主流となっているSATAに代わるものとして期待されています。

         

        今まではSATAからUSBに変換する製品は色々とあったのですが、NVMeからUSBに変換する製品は、

        昨年6月頃までは変換チップが存在せず、ありませんでした。

        弊社でも昨年9月から第一弾のNVMe SSD対応ケースを販売しています。

         

        ちなみに対応しているNVMe SSDの形状はM-Keyと呼ばれる、切り欠きが右側にあるタイプです。

        ※M-Keyで「AHCI」タイプのSSDが存在しますが、AHCIタイプのSSDは非対応です。

        詳しくはサポートセンターまでお問い合わせください。

         

        非対応のSSDはB-key、B&M-Keyと呼ばれている、切り欠きが左側、もしくは両側にあるタイプです。

        SATAタイプのSSDがこちらに該当します。

        SATAタイプのSSDが使えるケースはこちらです。

         

         

        という訳で、まずはケース本体からご紹介。

        シリコンバンパーが装着された状態で出荷されております。

        左上にはアクセスLEDを装備。

         

        付属品

        ■取扱説明書

        ■USBケーブル(TypeA-TypeC、長さ約50cm)

        ■USB変換コネクタ(TypeA-TypeC)

        ■底面ゴムシート

        ■SSD固定ネジ、受けネジ

        ■ドライバー

        USB変換コネクタ付きですので、USB Type-Cポート搭載のPCでも別途用意する必要が無く接続可能です^^

         

        ケース本体の裏面です

        シリアルナンバーのシール、CENTURYロゴ、型番が印字されています。

         

        USBコネクタ面です。

        ケーブルが接続しやすいように、シリコンバンパーがくり抜かれています。

         

        シリコンバンパーを外すとこんな感じです。

        四隅は丸まっています

         

        シリコンバンパーを外した裏面

        四隅にネジが現れます。

        ネジは星型(いわゆるトル○ス)です。

         

        ネジを外すとSSDを接続する基板が現れます。

        蓋の内側には放熱シートがあり、動作中に発する熱を効率よく放熱してくれます。

         

        メインチップの拡大写真です。

        JMicron JMS583を採用しています。

        このチップでNVMeからUSBへ変換しています。

        ちなみにSMARTに対応していますので、CrystalDiskInfo等で情報が確認できます。

         

        この製品は防塵、耐水を謳っていますので、筐体の作りにも注目です。

        ほこりや水分が浸入しそうな外周をパッキンでガードしています。

         

        USB Type-Cコネクタ外周にも黒いパッキンが装着されています。

        しっかりガードしてくれそうです♪

         

        実際にSSDを取り付けるとこんな具合です。

        コネクタの切り欠きに合わせてSSDを取り付けます。

        あとは蓋を閉めて、シリコンバンパーを装着すれば完成です。

        簡単ですね^^

         

         

        最後に肝心のベンチマークです。

        SSD:Samsung970EVO 250GB

        マザー:GIGABYTE GA-Z170X-UD5 TH

        シーケンシャル256KB付近から、Read,Write共に1000MB/sを超えています。

         

        ・自作PCでNVMeSSDを使っていたが、マザーが壊れてSSDのデータを見たい!

        ・とにかくデータを速くコピーしたい!

        ・PCと一緒に持ち運びたいけどホコリが気になる…

        こんな方におススメのアイテムとなっています。

         

        本日より出荷開始となっておりますので、よろしくお願いします!

        こちらでも購入可能!

         

        それではっノシ

         


        NVMeSSD用ケース2種類入荷!

        0

          お昼はのり弁だったサポート2号です。

          こんにちは^^

           

           

          本日新製品が2種類入荷してきました!

           

          スリムなM.2 NVMe SSD対応ケース!!

          シンプルモバイル M.2 NVMe (CM2NVU31C)

          と、

          防塵、耐水仕様M.2 NVMe SSD対応ケース!

          M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル (CAM2NVU31CBP)

          間もなく出荷開始です!

           

          それではっノシ

          • 2019.02.12 Tuesday
          • -
          • 17:31

          明日の天気は!?

          0

            病み上がりから抜けだしそうなサポート2号です。

             

            こんにちは^^

             

            東京地方の明日の天気は「雪」

            絵文字使おうとしたら絵文字サービス終了してたorz

            幼稚園の発表会なのであまり降らないで欲しいですねぇ。。。

             

            どこにも行けないそんな日は、パソコンのデータをバックアップしたりするのもいいかもしれません。

            裸族のお立ち台10周年記念バージョンとかでね!

            センチュリーダイレクトで、まだ若干数在庫ありますよ!

             

            それではっノシ

             

             


            Terminal-C LightをAndroid端末で使ってみた!

            0

              まだ病み上がりというか病みのサポート2号です。

               

              こんにちは^^

               

              今回もやっちゃいけないことをやってみたシリーズです。

               

              Type-C接続ドッキングステーション

              Terminal-C Light (CTCD-UHCLPD60)

              をAndroid端末で使ってみました!

               

              ※Terminal-C Lightは、対応機種が

              Mac USB Type-C(USB-C)ポートを標準搭載したMacBook、MacBook Pro
              Windows Thunderbolt 3/DisplayPort 1.2機能を有する USB Type-Cポートを標準搭載したWindows PC
              ※インターフェイスカード経由の動作および、USB PC(Power Delivery)非対応のPCはサポート対象外となります。

              となっていますので、Android端末は動作保証外となっています。

              それでは早速端末に接続してみましょう。

               

               

              まずはASUS(エイスース あえて読みをいれてみる)のZenpad3 8.0。

              Android7.0です

              SDカード、microSDカード、USBメモリ4個を同時に接続してみました。

               

              見事に全て認識!

              文字コードがおかしくて文字化けしてるものがありますが気にしないでください。

              その他のHDMIポート、LANポート、給電ポートは反応しませんでした。

               

              続いて、LeEcoのLe X620。いわゆる中華スマホってやつです。

              Android6.0

              こちらもSDカード、microSDカード、USBメモリ4個を同時に接続してみました。

               

              全て認識OK!

              文字コードがおかしくて文字化けしてるものがありますが気にしないでください。

              この端末も、HDMIポート、LANポート、給電ポートは反応しませんでした。

              MHL対応のスマホだとHDMI出力できそうな予感もします・・・

               

              続いてZenpadにキーボードとマウスを接続してみました。

              キーボードを接続すると、接続された旨のメッセージが表示されます。

               

              そしてマウスを接続するとポインタが現れます^^

               

              バッチリ操作できました♪

              タッチが効かなくなった時も安心ですね!?

               

              ということで、USBマスストレージデバイスやHIDデバイスはすんなりと認識させることができましたが、

              HDMI、LAN、給電ポートが使えないのは残念でした。。

               

              それではっノシ

               

              【お約束】

              ご理解いただいているかと思いますが、

              全てのType-C搭載のAndroid端末で同じ結果になるとは限りませんのでご了承くださいm(__)m


              裸族のカプセルホテルUSB3.1をバラす!

              0

                病み上がりのサポート2号です。

                 

                こんにちは^^

                 

                今回は、久しぶりの分解シリーズです。

                 

                3.5インチSATA HDDを最大4台搭載可能な外付けケース

                裸族のカプセルホテル USB3.1 (CRCH35U31CIS)

                 

                ありがたいことに売れまくってますので、どういう構造になっているか気になる方も多いかと思いますので

                早速バラしてみました!

                 

                【お約束】
                ご存知かと思いますが製品の分解・改造は「保証対象外」になります。
                あと、製品によっては、内部に高圧電流とか流れてる場合もあるので
                「感電死の危険もあります!」ので絶対にしないでくださいね!

                すでにガワが外れておりますw

                底面のネジを外せば簡単に内部にアクセスできます。

                HDDのフレーム部分はスチールになっており、剛性が高いです。

                ※良い子は外さないでください

                 

                メインのコントローラチップです。

                Asmedia ASM1351を使用しております。

                各スロットに1個ずつ使用していますので、計4個同じチップが基板に載っています。

                 

                そのASM1351を4つまとめているハブチップはこちら。

                VLI VL820

                接続イメージとしては、

                HDD--ASM1351--┓

                HDD--ASM1351--┣VLI VL820--USB3.1ポート

                HDD--ASM1351--┃

                HDD--ASM1351--┛

                となっています。

                 

                 

                ファンは9cm角25mm厚となっています。

                 

                ファンのコネクタは3ピン仕様となっています。

                市販のファンへ簡単に交換できそうです。

                ※良い子は交換しないでください

                 

                 

                時々、HDDをどのように取り出しをしているのかと、

                構造を知りたい方がいらっしゃいますので、取り出し機構の説明をします。

                HDDが入った状態ですが、前面のドアを手前に引きますと、

                写真下部分にある部品が連動して動き・・・

                 

                さらに内部のSATAコネクタ付近にある取り出しアームが連動して・・・

                 

                HDDを取り出す仕組みになっています。

                 

                 

                実際にどうやって動くか動画でご覧ください。

                こんな具合です。

                 

                いかがでしたでしょうか?

                 

                今回のバラし難易度

                ☆(星1個)

                簡単だからといって絶対にばらさないでくださいね!

                 

                それではっノシ


                【新製品】M.2 NVMe SSD対応USB3.1ケースの第三弾登場!

                0

                  サポート2号です。

                   

                  こんにちは^^

                   

                  先日ご紹介したNVMe SSDケース

                  シンプルモバイル M.2 NVMe (CM2NVU31C)

                  に引き続き、

                  M.2 NVMe SSD対応USB3.1ケースの第三弾が登場します!

                  第二弾も出てないのに新製品のペース早すぎ!

                   

                  第三弾は、なんと防塵、耐水仕様!

                  M.2 NVMe SSD to USB3.1 Gen.2 アルミケース 防塵耐水モデル (CAM2NVU31CBP)

                  しかもシリコンバンパー付きです^^

                   

                  防塵!

                  でもマネはしないでください

                   

                   

                  耐水!

                  でもマネはしないでください

                   

                  こちらの製品も2月上旬発売予定となっております!

                  発売しましたらレビューしますよ!!

                   

                  それではっノシ


                  NVMe SSDの○○○○

                  0

                    棚卸をしていたサポート2号です。

                     

                    こんにちは^^

                     

                    今日は某社のKさんがいらっしゃいまして、とあるブツを置いていきました…

                    どこかで見たことのあるような、ないような・・・(謎

                    NVMeのM.2スロットがありますので、きっとアレがああなるんだと思います(謎

                    謎だらけでスミマセンm(__)m

                     

                    それではっノシ


                    【新製品】M.2 NVMe SSD対応USB3.1ケースの第二弾登場!

                    0

                      朝からマ○○ンのハンバーグを食べたサポート2号です。

                       

                      こんにちは^^

                       

                       

                      Terminal-C Lightに続き、またまた新製品が発売されます。

                       

                      高速転送可能なM.2 NVMe SSD対応ケースがスリムになって登場!!

                      シンプルモバイル M.2 NVMe (CM2NVU31C)

                      この持ち方は一体・・・( ´゚д゚`)

                       

                      第一弾のM.2 NVMe SSD対応ケースは非常に好評をいただいていまして、調子に乗って第二弾です。

                      第二弾はスリム形状で攻めます!

                      スリムだけど放熱を考慮した絶妙なサイズ感ではないかと思いますよ^^

                       

                      2月上旬に発売予定となっていますので、発売までもう少しお待ちくださいm(__)m

                       

                      それではっノシ

                      • 2019.01.30 Wednesday
                      • -
                      • 11:31

                      | 1/56PAGES | >>

                      PR

                      ここで買える!

                      Century

                      Selected Entry

                      categories

                      links

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM